ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

男気ジャンケン

f:id:peraichikun:20180919234701j:plain

バイトが終わって、
着替え終わった大学生たちが
タムロしている。

「さて、今日もヤリますか」
「なにを?」
「男気ジャンケンですよ」

男気ジャンケンとは、数人で
ジャンケンをし、勝った人それぞれが
事前に希望した物を全部まとめて
オゴるという、某テレビ番組で
流行ったジャンケンの方法である。

つまり、男気ジャンケンでは
負けた方がオゴられて、
実質的には得をするというもの。

主戦場はコンビニ。
コンビニとはいえ、一番高い
ビールだと300円ほどするため、
10人で3000円ほどになる。

冗談じゃねぇ!!!
俺の今の所持金500円だし。

「もちろん、ぺらいちさんも
 やりますよね?」

大学生たちの前でお金が無い
なんて言えない・・・。

「・・・お、おう、面白そうじゃん」

f:id:peraichikun:20180920000037j:plain

男気ジャンケンでは、
男気という名の通り、
勝った方は手持ちがなかろうが、
財布が空っぽになろうが、
喜んでオゴるというスタンスを
貫かなくてはならない。

逆に負けた方も、負けたことを
喜んだりする言動をしてはならない
という暗黙のルールがある。

もちろん、ジャンケンをする前も、
皆内心とは裏腹の言葉を口にする。

「いや~勝ちてぇ~!
 みんなにオゴりたいなぁ~。
 ねぇ、ぺらいちさん?」
「もちろん!年下にオゴらせるわけ
 にはいかんでしょ。メンツがあるしね」

内心、心臓はバクバクしている。
どうしよ・・・勝ったらどうしよう!
まぁ・・・10人いるんだから
きっと大丈夫だ!

そして勝負の時。

「男気ジャンケン、ジャンケンポン!」

俺は1回目の勝負で、
見事に勝ってしまった。

「よっ、しゃあ!」

暗黙のルールの喜びの
雄叫びをあげながら、
俺の心臓は張り裂けそうだ。

やばい・・・これで残り5人。

追い込まれて一気に
頭に血が上っていくのが分かる。

もうどうにでもなれ!!
・・・勝つなよ!勝つな俺!!!

「男気ジャンケン、ジャンケンポン!」

俺以外全員チョキ。
そして俺は、グー。

「うわー!!!!!!!」

f:id:peraichikun:20180920000117j:plain

「ぺらいちさーん!ご馳走さまです!」
「お、おい!! 
 ちょっと、今の後出しだろ!!!」

冷静さを失った俺は、咄嗟に叫ぶ。
しかし、そんなことを聞き入れて
もらえるわけもなく、大学生たちは
ビールを選び始める。

500円で足りるわけない・・・。
これは・・・どうすればいいんだ?
逃げようか。
お金無いって白状しようか。

・・・そうだ!!!
クレジットカードがあった!

レジに並ぶ極限状態の俺に、
名案が浮かんだ。
順番が来た俺は、コンビニ店員に
クレジットカードを渡す。

ピーーーーーーーッ

「すみません。
 エラーが出てるんですが・・・」

え・・・、まじか!
カードが止められてる。

「ごめん、ちょっと・・・
 お金貸してくんない?」

f:id:peraichikun:20180919235932j:plain

大学生からお金を借りて、
男気ジャンケンの支払いを
済ませる俺には、
男気のカケラもなかった・・・。

 

 

ギャランドゥ

 

タカコさんに露骨に嫌な顔を
されたので、昨日思い切って、
30年大切に育ててきた腹毛、
通称ギャランドゥを初めて剃った。

剃った直後は、下腹だけツルンツルン
の中学生に戻ったみたいで、ちょっと
気持ちよかったんだけど、すぐに俺の
下腹はポツポツと赤くなった。

あー、痛い。
f:id:peraichikun:20180917192206j:plain
クソ・・・
完全にカミソリ負けしてやがる・・・

ジェルとかクリーム無しで
やったのがいけなかった。

そして、今日、ちょっとずつ生えてきた
新毛とパンツやズボンがこすれて、
チクチクする。

あー、かゆい。

掻いたら、また赤くなって痛くなった。
悪循環・・・。

あーあ、
こんなことなら剃らなきゃよかった。 

f:id:peraichikun:20180917192530j:plain

 

 

露骨

 

バイト先にはパートのおばちゃんが
一人いる。40代のタカコさん。

大学生ばかりのバイトの中で俺と同じ
数少ないオーバーエイジ枠の一人だ。

そのタカコさんが
女子大学生たちと話している。

「やっぱり最近の男って
 情けないのよ~」
「あ~わかりますぅ~」
「ナヨナヨしてて、ぜんっぜん、
 頼りがいがないっ!」
「ですよねぇ~」
「やっぱり男らしい男よ!」

タカコさんと女子大生たちは、
さっきからこの話題でずっと喋ってる。
でも女子って、なんであんなに、
ずっと話が尽きないんだろ。

f:id:peraichikun:20180917191952j:plain

まぁ確かに今日はヒマすぎるから、
お喋りくらいしかすることないけど。


「やっぱ胸板厚いのがいいですよねぇ~」
「そうね!あと胸毛でしょ。
 なんか『男』って感じがいいのよ!」
「えぇ~~!胸毛・・・ですかぁ」
「そう!毛深い方が男らしくない?!」
「う~ん・・・・」

タカコさんの趣向に女子大生たちは
イマイチついていけてないようだ。

でも今日はホントにヒマだ・・・
こんなくだらん会話するくらいヒマだ。
ヒマすぎると、逆に疲れるんだよな~

「ん~~~、ふぁ~あ」

 

f:id:peraichikun:20180918000240j:plain


あー、ヒマすぎて、
俺もアクビでちゃったよ・・・

「ちょっと!!!」
タカコさんが手で顔を覆い、露骨に
嫌な顔をしてこっちを見ている。

「見せないでよ!」
「え・・・?」
「それ!!!」

タカコさんは俺の下腹を指している。
どうやら伸びをした勢いで俺の
下腹の毛が見えたらしい。

「え?あ、すみません」
「あーもう、ほんっと気持ち悪いっ!」

えーーーー!
そんな露骨に嫌がるぅ~?
さっき好きって言ってたのに・・・。

 

 

布教活動

 

クシュンッ!クシュンッ!
バイトの大学生マルオが
くしゃみを連発している。

「風邪?」
「そうなんですよ。なんか昨日から
 ノドの調子がおかしいんですわ~」
「じゃぁ、まずイソジンだね」

f:id:peraichikun:20180917042848j:plain


俺は、バッグからイソジンを出して
マルオに渡した。

「えー!? ぺらいちさん、
 イソジン常備しとるんですか?」

マルオは、驚きと共に俺を見る。
俺は、数年前まで役者をやっていた
のだが、体質的に扁桃腺が弱く、
風邪を引くとまずノドが痛くなる。
役者にとっては致命傷。

その頃から、ノドのケアには
気を付けるようにしており、
ノドに違和感を覚えたらすぐに
イソジンでうがいをしていた。

実際、その習慣を始めてから、
のどが痛くなる頻度が格段に減った。

それ以来、
俺はもう『イソジン信者』となった。


「あのね、変な薬飲むよりも、
 絶対イソジンよ!」

しかし、イソジンはあくまで異変を
感じてからの予防。
本当に重要なのは、普段から
龍角散のど飴』を舐めることだ。

f:id:peraichikun:20180917043455j:plain

知ってる人は少ないかもしれない
けど、もともと『龍角散』は白い
粉末状のもの。
苦くて結構飲みづらい。
俺は何度もむせて、白い粉を
部屋にぶちまけた・・・。

だから、『龍角散のど飴』なるもの
を初めて発見したときの喜びと
言ったらなかった。

甘い!美味しい!手軽!
持ち運び便利!
食べやすい!ノドに良さげ!

龍角散のど飴』の良いところを
あげたらキリがない。

それ以来、
俺は『龍角散のど飴信者』となった。

「日頃から『龍角散のど飴』を舐め、
ヤバイなと感じたら『イソジン』で
うがい。このダブルブロック効果で、
俺は二年間風邪知らずだね」

f:id:peraichikun:20180917043631j:plain

そう言って、マルオに龍角散のど飴を渡す。

「えー?それもくれるんですか?
 あざっす! じゃけど、なんでも
 持っとるんですね、ぺらいちさん」

その噂は瞬く間に広がり、バイトの
中でも『龍角散のど飴信者』が続出。
ノドが痛そうな人を見つける度、
俺はすぐさま龍角散のど飴を差し出す。

「ぺらいちさーん!すみません!
 龍角散のど飴くれませんか?」
「あいよ」

「ぺらいちくーん!アレちょうだい!」
「あいよ」

「ゴホッ。ゴホッ。」
「あいよ」

なんだか最近、龍角散のど飴の減りが
やたらと早くなった気がするが、
まぁいいか。


二日後。

「ゴホッ・・・」
ん?なんだかノドが・・・。

いやいや、
俺はイソジン龍角散のど飴で
予防してるから大丈夫!

「ゴ、ゴホッ、ゴホッ」
いやいや、そんなハズは・・・・・・。 

 f:id:peraichikun:20180917043802j:plain