ぺらいち君のイマイチ人生

~東京ドームから徒歩5分~

ぺらいち君のイマイチ人生~東京ドームから徒歩5分~

俺の将来性

俺がまだ県内有数の進学校に通う高校生の頃
文化祭で知り合った学外の女の子に告白された。

その子は、そこまでブスというわけでもなく、
女子高に通う普通の女の子だった。
正直タイプではなかったので、断り続けていた。

「俺のどこがいいん?」
「う~ん、全部好き」
「いや~」
「それに、オノくんって、
 なんか将来性があると思うの」
「はぁ・・・。だけど、う~ん・・・、ゴメン」

f:id:peraichikun:20180823232221j:plain

 

それからもしつこくメールが来ていたが、
無視し続けていると連絡は無くなった。
そして大学受験を経て、
俺は横浜国大に合格し、上京した。
上京してしばらくすると、
アドレスも変えていたはずなのに、
どこから聞き出したのか
その女の子から、またメールが来た。
その子も東京の大学に進学したらしく、
仕方なく、また会うことになった。

「今、付き合ってる人いますか?」
「いるよ」
ホントはいないが、あまりにしつこいので
ウソをついた。
「そうなんだ・・・」
「だから、もう連絡せんでくれん?」
「・・・」

それから大学を卒業し、
友達が大手企業に就職する中
俺は何を勘違いしたか役者を目指し、
知り合いの劇団の舞台に出るようになった。
しかし、そんな簡単に芽が出るはずもなく、
アルバイトで生計をたてる毎日。
そんなある時、SNSにメッセージが届いた。
あの女の子からだ。

「まだあなたのことが忘れられません。
 今どこで働いてますか?」
ほんっと、しつこいなぁ!
どんだけ俺のこと好きなの?
でもまぁ・・・、
チケットノルマもあるし、丁度いいや。

「お~久しぶり! 俺、実は今、
 役者やってるんだ。
 今度舞台があるから観に来てよ」

f:id:peraichikun:20180823232228j:plain

 

舞台と言っても小さな劇場。
しかも俺のセリフも一言二言で、端役も端役。
けど、この際、
観に来てくれるんなら誰でもいい。
会場の場所と日時をメールで送り付ける。
ラッキー。これでチケット1枚売れた。

しかし、それ以来、待てども待てども
女の子からの連絡は来なかった。

将来性かあ・・・。
役者の俺は、もう用無しかい! 

f:id:peraichikun:20180823232236j:plain